データ復旧ソフトを使ってみると、  
 意外と簡単に復旧できます。


データ復旧ソフトを使うと自分で復旧できますが、
論理障害の場合にほぼ限られます


HDDは破損していないのに、Windowsが起動しないなどの症状は
論理障害に当てはまります。



論理障害だと思った」でも、「実際には物理障害だった」というケースでは、より一層事態を悪化させる可能性があります。特にHDDから異音がするなどの場合は、自分でデータ復旧を試みるのは非常に危険といえます。
自分で復旧を試みて失敗し、症状がより酷くなった場合でも業者で復旧可能ですが、非常に高額な費用負担になる可能性が高いでしょう。
数万円で済むケースでも、数十万円の出費になってしまう場合もあります。自分でデータ復旧を試みる場合は、復旧したいデータの重要性を鑑みて、それが重要なものであれば、、現状のHDDのデータ復旧を業者に依頼した場合に費用はいくらになるかを調査してから判断してください。

症状について相談すれば自分の思い込みと異なる場合もあるので、信頼できる業者であれば問い合わせて無駄になることは無いといえるでしょう。
いずれにしても、「そのデータ」がどれほど重要かによってリスクをコントロールするべきですので、もう一度データの重要性を考えてから判断するようにしてください。



・障害HDDを本体から取り出して、別のPCに接続してください。
論理障害でPCが起動しない場合はデータが残っているので、フォーマットやリカバリ、(再インストール)、パーティション変更等を行う前でも、既にやってしまった後でも、障害HDDを一旦取り出して別のPCに接続する必要があります。
他のPCに接続するには、「IDE⇒USB」「SATA⇒USB」等の変換コネクタが必要になりますので、PCショップや、ネット通販で入手してください。
正常に使用できるPCがもう一台必要なので、それが無い場合は、故障したPCをメーカー修理などで新品のHDDに交換して障害HDDは返却してもらってから変換コネクタで接続するという方法が考えられます。
PCを何処からか借りられれば勿論OKですが、障害HDDをKINKO'Sなどに持ち込んで接続してみるという方法もあるでしょう。
別のPCに接続している状態では、障害HDDに対しては故意で無い限り上書きはされません。しかし、復旧させたいデータを障害HDD上に復活させると何らかのデータが上書きされてしまうので注意してください。復元させるデータは必ず障害HDDとは別のドライブに復元するようにしてください。


・注意点
PCが起動している状態での「空にしたごみ箱」からのデータ復旧は、起動しているそのPCで復旧ソフトを実行すればデータ復旧が可能です。
ここでの注意点は、「やってしまった」その後に復旧ソフトをインストールした場合は、復旧させたいデータそのものが、「復旧ソフト」のインストールによって、上書きされてしまう可能性が高いということです。
当サイト管理人の実験によると、「空にしたごみ箱」のデータは、PCを何らかの通常操作しているだけで数分で上書きされて、消えてしまうケースが多い模様です。
「やってしまった」と気づいた直後であれば、PCの電源を落として、そのPCからHDDを取り出して他のPCに接続するのがリスクが少ないといえるでしょう。


   
広告

・フリーソフトで復旧する
・システムの復元
・回復コンソール
・市販のソフトで復旧する
  

残ってますかね
どっこいしょ!
HDD・データ復旧
プライバシーポリシー
Copyright (c)HDD・データ復旧 どっこいしょ! All Rights Reserved.
専門業者でHDDのデータを復旧する
やっぱり自分でデータを復旧する
結局、費用は?やっぱり何十万?
まず、現状確認する
広告
それなんとかなる.jp
用語&解説
どっこいしょ!
HDD・データ復旧
このサイトでは、Windowsの操作、設定、またHDDのデータ復旧に関するメール/電話サポート(有料)を行っています。
お申込み・詳細はこのページの最下部の案内をご覧下さい。
このサイトはウィンドウズの操作、設定、またHDDのデータ復旧について解説しています。
サイト内のガイドで十分な内容となっていますが、メール及び電話にて個人向け有料サポート(税込\1,080)を行っています。
PCの初心者などで上手く設定が出来ない等の場合はお問い合わせください。
また、HDDのデータ復旧もせっかく自分でデータ復旧ができるのに、わざわざ業者に頼んでしまうようなケースも想定できるので、データ復旧を自分で出来る場合と出来ない場合の判断がつかない場合などは是非お問い合わせください。


お申し込みはこちら→それなんとかなる.jp メールサポート