・ガリガリ・カコカコ異音がする

 ・回転が止まる




異音がする

異音がしているからといって、必ずしも物理障害とは限りません。
MBR障害の可能性もあります。

しかし、同時に物理障害の可能性も少なくありません。
この時点で一番安全なのは、すぐに電源を落として、データ復旧業者に依頼する事といえます。
初めは論理障害でもすぐに物理障害へと症状が悪化する場合もあります。

しばらくカタカタと音がしてながらも起動していたが、後に回転が止まってしまうというケースもあるようです。
しかし、まだ動いているし、データが読み出せる状態なのに業者に依頼をするという判断をしにくいのが人情というものです。
で、あれば、PCが動いているうちに、今すぐ、バックアップを取りましょう。
デフラグ、スキャンディスク等は厳禁です。
HDDを丸ごとバックアップするという考えを取り合えず捨てて、「大事なデータ」から、優先順位をつけて段階的にバックアップしていきましょう。
HDDのからデータが読み出せなくなったり、起動しなくなる前にバックアップが完了すればラッキーです。
この場合、くれぐれも、問題が起きているHDDとは別のHDDにバックアップするように注意してください。不調のHDDのCドライブからDドライブへというようにバックアップしても、そのHDD自体が壊れては意味がありません。
しかし、異音が「激しい」と感じたら、通電をやめてデータ復旧業者に連絡しましょう。
より面倒な状態になってからだと最終的に費用もかさみます。
その方が、結果的に最もリスクが低く、結果的に安い費用負担で済むといえます。
特に、異音が発生していて、且つ起動しない場合は、深刻な物理障害の可能性が少なく有りません、今すぐ通電を止めて、データ復旧業者に問い合わせましょう。


異音が発生していたら、自分では修理不能です。業者に任せるしか方法は無いでしょう。
この場合のポイントは、必ずしも物理障害とは言えないということです。MBR障害などの論理障害の場合の両方が考えられます。
《データ復旧業者に任せる=何十万円の出費》と考えるのではなく、論理障害であれば数万円でも復旧可能ということです。
実際に、HDDのトラブルで一番多いのがMBR障害などの論理障害だということです。
データ復旧業者に依頼しても、初期段階であれば、比較的安価で簡単な処置で済みます。
しかし、自分でデータを復旧しようとしてファームウェアの基盤交換などを試みる方も居るようですが、さらに症状を悪化させてしまうケースが多く、その場合は、費用も高額になる場合場多いので、注意が必要です



専門業者でHDDのデータを復旧する
やっぱり自分でデータを復旧する
結局、費用は?やっぱり何十万?
まず、現状確認する
  

残ってますかね
どっこいしょ!
HDD・データ復旧
プライバシーポリシー
Copyright (c)HDD・データ復旧 どっこいしょ! All Rights Reserved.
このサイトでは、Windowsの操作、設定、またHDDのデータ復旧に関するメール/電話サポート(有料)を行っています。
お申込み・詳細はこのページの最下部の案内をご覧下さい。
それなんとかなる.jp
用語&解説
・誤って削除してしまった
・フォーマットしてしまった
・リカバリーしてしまった
・ゴミ箱を空にした
・パーティションを開放した
・起動しない
・BIOSで認識しない
・フォーマットを促すメッセージ
・ガリガリ・カコカコ異音がする
・回転が止まる
どっこいしょ!
HDD・データ復旧
このサイトはウィンドウズの操作、設定、またHDDのデータ復旧について解説しています。
サイト内のガイドで十分な内容となっていますが、メール及び電話にて個人向け有料サポート(税込\1,080)を行っています。
PCの初心者などで上手く設定が出来ない等の場合はお問い合わせください。
また、HDDのデータ復旧もせっかく自分でデータ復旧ができるのに、わざわざ業者に頼んでしまうようなケースも想定できるので、データ復旧を自分で出来る場合と出来ない場合の判断がつかない場合などは是非お問い合わせください。


お申し込みはこちら→それなんとかなる.jp メールサポート